• ホーム
  • 第4のED治療薬であるアバナの特徴は?

第4のED治療薬であるアバナの特徴は?

アバナは第4のED治療薬と言われている新しい薬です。
今まで様々なED治療薬が生まれてきましたが、このアバナは今までのED治療薬で感じるデメリットを解消しています。アバナフィルという有効成分を配合しているのがアバナの特徴です。

EDの原因となるpde-5という酵素の働きを抑える事によって、勃起力を高めてくれます。
また、陰茎部分の血流を増加する作用もあるので、より勃起力を高めてくれるED治療薬です。
有効成分であるアバナフィルの含有量が異なる50mg・100mg・200mgという3種類があります。
1回につき1錠、錠剤を服用するだけで、EDを解消する効果を得られる薬です。

服用してから約30分程度で効果が現れ始めるので、性交渉を行う約30分前には飲んでおくと良いでしょう。
アバナは基本、水やぬるま湯で服用しますが適量のお酒であれば、一緒に服用しても問題は無いと言われています。
ジュースで服用してもOKと言われていますが、グレープフルーツジュースだとアバナフィルの効果が落ちてしまうので注意が必要です。

服用後、約30分程度で効果を実感し始め、最大で約8時間程度持続します。
服用してからすぐに効き目が感じられるED治療薬ですので、性行為を行う直前に試す事も可能です。
服用するタイミングを見計らう必要が少ないアバナは、チャレンジしやすいED治療薬と言えるでしょう。また、持続時間も約8時間と長い点も魅力です。

そしてアバナは食事の影響を受け難いという点も、服用しやすいED治療薬と言われています。
食事と一緒に服用しても効果が落ち難いため、デートで食事を楽しんでからアバナを試してみたいという時でも問題なく服用出来ます。
ED治療薬の中には空腹時の服用でなければ、効果が出ないというタイプもあり、お腹がすいた状態で性交渉しなくてはいけませんでした。
ですが、夜の営みのために活用したいという場合でも、食事に効果が左右されないアバナは空腹のストレス無く試せるのでおすすめです。

アバナの副作用は?

食事の影響を受け難く、しかも即効性・持続性も高い「アバナ」は第4のED治療薬として注目をされています。
第1世代・第2世代・第3世代のED治療薬だと、上手く活用できなかったという方もアバナであれば、ED解消の効果を実感しやすいでしょう。

ただ、「試してみたいけれど医薬品だから副作用が気になる」という方も少なくないようです。
アバナは今現在、日本国内で認可されておらず、インターネット通販などで購入するしか手に入れる方法はありません。このような事情もあり副作用の心配を行う方がいます。

アバナを服用して報告されている副作用としては、顔のほてりや頭痛、鼻づまりといった症状が多いようです。
このような症状はアバナフィルの働きによって起こります。アバナフィルは血管を拡げる作用や血流の増加を促す成分です。
服用すると一気に血行が良くなるので、顔がほてったように熱くなり、頭の血管が広がる事で頭痛を感じやすくなります。
鼻づまりは血行促進によって、鼻の粘膜が充血する事で引き起こされる症状です。

このような副作用の他に目の充血や背部痛、視覚異常、視力障害、聴力障害といった症状が、発現するケースもあります。
このような副作用が出ると心配になってしまいますが、症状は一過性のものです。大半の場合がアバナの効き目が切れるにつれ、自然に消えて行くので安心しましょう。
また、アバナは副作用があるといっても、他のED治療薬よりも起こる確率が少ないと言われています。

服用した方が副作用を発症する確率はわずか10%です。
9割の方は影響を受けないというデータがあるので、アバナは副作用のリスクを気にせず服用出来るED治療薬と言えるでしょう。