• ホーム
  • スーパーPフォースの副作用は?

スーパーPフォースの副作用は?

「スーパーPフォース」は、男性特有の悩みを解消できる医薬品として注目を集めています。
この医薬品を服用する事でEDと早漏、両方を解消する事が可能です。EDという方の中には早漏で悩んでいる方も少なくありません。
ED治療薬・早漏治療薬両方を服用しなくても、スーパーPフォースだけ服用すればどちらの悩みも解消できます。
スーパーPフォースにはED解消に効く「シルデナフィル」と、早漏防止に効果的な「ダポキセチン」という有効成分を配合しているのが特徴です。
性行為を行う約1時間前に水もしくは、ぬるま湯で服用しましょう。
シルデナフィルという成分は食事の影響を受けやすいため、より効果を実感したいのであれば服用は空腹時に行うのがベストです。
もし、食後にしか服用するタイミングが無いという場合は、食事をしてから3時間程度空けましょう。
ED解消に効果のあるシルデナフィルが持続する時間は、約4時間から5時間程度です。
ダポキセチンの場合は約5時間から6時間程度、効果が持続します。
十分に効果が持続する時間はあるので、上手く活用すれば夜の営み時の悩みを解消できるでしょう。
スーパーPフォースを試してみたいという方は、服用方法も確認しておく事をおすすめします。この医薬品は1日1回、1錠が服用の限度です。
これ以上、過剰に服用してしまうと副作用を起こす恐れもあるので、必ず服用の上限は守るようにしましょう。
また、限度を守って活用したとしても、場合によっては副作用が起こる可能性もあります。
スーパーPフォースで起こる副作用としては、顔のほてりや頭痛、目の充血、鼻づまりに下痢といった症状が一般的です。
顔がほてる・頭痛・目の充血に鼻づまりといった副作用はシルデナフィルの血管拡張作用によるものです。
下痢はダポキセチンの働きによって起こります。通常、有効成分の効き目が切れれば、このような症状も回復していくので安心しましょう。
ただし、症状がずっと続くという場合は医師に相談する事をおすすめします。

スーパーPフォースの口コミは?

EDだけでなく早漏の解消にも効果が期待できる「スーパーPフォース」は、今現在日本では未認可となっている医薬品です。
購入するには海外から個人輸入を行うか、代理輸入業者が行っている通販サイトを利用し購入する事になります。
海外から医薬品を個人輸入するのはハードルが高いという事もあり、通販サイトを利用して手に入れる方がほとんどです。
通販サイトの多くはスーパーPフォースを実際に使用した方の、口コミが掲載されており、購入する際の参考になるでしょう。
「今まで3分も持たなかったのに、服用したら5分以上持つ事ができた」といった口コミもあります。
スーパーPフォースに含まれる有効成分の「ダポキセチン」は射精するまでの時間が通常より、約3倍から4倍になるというデータがあります。
これだけ効果を発揮する有効成分が使われている医薬品ですので、早漏解消に対して効果を感じられたという口コミが寄せられています。
もちろん、ED解消にもスーパーPフォースは効果が感じられたという口コミは多いです。
ただ、中には1錠服用したら「副作用のような症状が出た」という口コミを書き込む方もいます。
ED解消効果の成分として使われている「シルデナフィル」が100mg配合してあるのが、スーパーPフォースの特徴です。
国内の病院で処方されているシルデナフィルを有効成分としたED治療薬は、この成分の含有量が25mgと50mgがほとんどです。
シルデナフィルのガン優勝が100mgと多めという事もあり、1錠服用すると体質や体調によっては効き目が強すぎて副作用を起こす可能性があります。
初めてスーパーPフォースを服用する場合は、ピルカッターで半分や4分の1にカットすれば、副作用が起こるリスクを抑えられるのでおすすめです。
20代という若い世代の方から、50代と中高年世代の男性もスーパーPフォースを活用しています。
様々な年代の方が書き込んだ口コミを参考にしてみると良いでしょう。